yuta式投資法 投資の本なら誰でも書ける、しかし、投資で勝つのは難しい。教科書には書かれていないこと(書けないこと)お伝えします。覚えておいて損は無い。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

パターン踏襲  大陰線~はらみに準ずる足~遅行線は雲の上限より反発。先ずここまでは予測の範疇。継続するか?するならもう一波動もあり。

転換線、基準線  金曜日より先ず転換線が上向きへ。トレンドが変わってしまうポイントは17327円割れ。
基準線のタイミングも予備計算にてお伝えしてあるので参考に。


NT倍率10.21倍 タイミング捉えて下さい。


ボリューム 薄商い継続。徐々にでよいのでもう少し欲しいところである。
投資主体別売買動向のリンク貼り付けておきましたので、御覧になったとは思いますが、外国人買越しも、国内勢は大幅売り越しの状況である。
パターンからは徐々に買ってきてもおかしくはないところである。


先物手口  相変わらず本日もクレディスイスがトップである。売りも買いも極端。
ちょっといつもと違ったのは、TOPIX売り無しで大きく買いのみ。(あくまで参考程度に時系列では確認できません、買戻し等々の区別もつきません)。


TOPIX  TOPIX上がらずは個人救われず。個別には賑わっているものの、指数とネガサハイテクの類だけが上がっても個人は面白くないところである。しかも新興指数は酷いもんである(保有株は決算を跨がない方が無難)。
TOPIXの方は移動平均と指数がかなり収斂してきております、そろそろ監視強化(放れる)。


米国市場  国内の方は今週特にイベントはありません。決算も前座程度です。
という訳で米国市場の結果を受けての日本市場という感じか?


連休まで後9日(立会い日数)  もう一波動示現しても何ら違和感も無いが、先物主導の展開であり、現物の商いが伴っておりません。上下のブレは常に念頭に。
今週は特に個別銘柄、指数とも週足ベースで注目してみたい。個別では特にTOPIX関連銘柄。チャート確認するべし。

スポンサーサイト

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moukabutwo.blog86.fc2.com/tb.php/87-b331b717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
当サイト内の記事、内容の無断転載、複製は一切お断りいたします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。