yuta式投資法 投資の本なら誰でも書ける、しかし、投資で勝つのは難しい。教科書には書かれていないこと(書けないこと)お伝えします。覚えておいて損は無い。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

NT倍率  日経平均をTOPIXで除した値だが、Nは日経平均、TはTOPIX。
ここでもよく取り上げる指標であるが、NT倍率の修正ポイントと物色対象の変化は見逃せないところである。
修正のポイントは何度も書いているので詳細は割愛しますが、3月9日の9.91倍を底に急激に切り返しております。切り返してきたところより、当方も日経平均中心にコメントしております。
現在、日経平均優位の展開であり、日経平均関連の銘柄が物色されていますが、NT倍率はちょっと注目しておいて頂きたい。
通常、銀行セクターとハイテクというイメージなのだが、今回の相場は鉄とハイテクといったところであったような感じもある。
10.3倍辺りに近づいてくるようなら、物色対象に変化が出て来る可能性も考えておきたいところである。
修正ポイント到達と共にハイテクセクターは当然個別にも値幅を示現していると考えられます。
新日鉄、アドバンテスト、東京エレクトロンなどをNT倍率と比べてみても関連が良く分かるかと思います、当たり前の話かも知れませんが。
また、この傾向が続くなら、NT倍率修正ポイント到達、ないしはハイテクセクターが値幅を示現したポイントは一旦手を緩めてみたい(ゴールデンウィーク前に一旦手仕舞いを考えているなら。また、値幅を示現していれば尚更である)。目先は指数の高値になる可能性もあるということである。その後は流れを見ながらとなる。本日は10.20倍。


三役好転  遅行線は本日好転。好転した位置も特に問題は無い(障壁無し)。ということで移動平均線も軌道を修正中。
転換線と基準線 抜ければ直ぐにシグナルがとお伝えしておりますが、両者とも好転、尚且つ上向きとなりました。
日々線 何とか雲から脱出となりました、微妙ではあるが。


変化日と値幅  既にお伝えしてあるが、両者一致となるポイントでは一旦手を緩めてみたいところである。取り敢えずは雲から雲への綱渡りの部分で値幅をだしてくるようなら。変化日と値幅が合致することかと考えられます。


ボリューム  特に変化はありません。薄商い状態継続中。引き続き注目。このまま薄商いで上げるようなら仕掛け警戒。
クレディスイスは本日225、TOPIX先物共に大幅買越し。


騰落レシオ  110%。今週の削除値からは、明日全面高は120%超えるかも知れません。水曜日からは、上げにはそれ程作用しない感じです。
移動平均乖離率(25日) 3.26%
新値三本足 本日陽転1となりました。急騰、急落局面では使えないテクニカルというのがお分かりかと思います。


決算  徐々に始まるわけだが、これらをどこで織り込んでいくか注目。
先取りする動きが出るのか否か?


強く見えたら要警戒  連休、イベント控え難しい月かと思います。
ここまでの過程で、かなり弱気の評論家等々も結構存在したのは言うまでもありません。ということは逆に、強く見えたら要警戒、皆強気も要警戒。先物で上げても構わないが現状の出来高では上方の窓埋めさえもままならないのでは。
何度も書いていることですが、下げる為に上げる、上げる為に下げる(仕掛け)は注意。昨年よくこの件を書いていたことを覚えておられるでしょうか?私が非常によく覚えているのは06年7月10日の足。今年は4月2日の足が良い例ではないだろうか。

プロのブログを見に行こう 投資ブログランキング

スポンサーサイト

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moukabutwo.blog86.fc2.com/tb.php/81-5a112d6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
当サイト内の記事、内容の無断転載、複製は一切お断りいたします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。