yuta式投資法 投資の本なら誰でも書ける、しかし、投資で勝つのは難しい。教科書には書かれていないこと(書けないこと)お伝えします。覚えておいて損は無い。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

日経平均 TOPIX   米国市場、為替、先物等々にて下値模索の展開。また、配当落ち後のこの期間は安いというアノマリーもあるようだが。
TOPIXの方は窓埋め完了。
日経平均の方は再度窓埋め拒否。ここらで下げ止まるかどうかポイントになるかと思われます。
一旦調整一巡感が出てもよいポイントでは有りますが、昨日申し上げた通りスルーしてくるようだと要警戒。大勢の見方は、ここまでは想定内の範囲。
毎度のことではあるがアイランドリバーサルリーチから4、5日目は相変わらずの鬼門である。
指数の軌道としては取り敢えず雲の中ですが、万が一下へ抜けても、幸い雲は切り上がっており、厚さもそれ程無く、先々雲の切れ目があるということが救いではあるが、どうなるか?
押し幅としては黄金分割比率、要するに3分の2押しのラインで下げ止まり。
225先物は相変わらず活況(当然仕掛けも入っていると予測されます)、11万枚強出来ております。

ローソク足 気にするほどでもないが本日の足について。弱い順に書いておきます。あて首<入り首<差し込み<
切り込み。
上昇過程では上記を逆にして考えて下さい。

短期資金  非常に活発であり個別物色は継続。
新興市場や小型、個別に非常に活況であるが、これらと現在調整中の銘柄のバトンタッチのタイミングも考えておきたい。


投資部門別売買状況はこちらから(マザーズも確認できます)


米国市場、為替動向等々  こちらの落ち着き待ちか?現在NYダウ、NASDAQともネックライン辺りにいる状況です。
週ベースでDCが示現してしまうと、上昇トレンド維持しながらも、やはりそれなりの日柄は掛かります。


条件  外部要因に振り回される状況が続いております。この外部要因に大きな変化が起きないことが条件になるかと思います。
また、どこかのタイミングで出来高が増加してくること。
上記の条件をクリアするなら現状では特に何も変更するものは無い。

スポンサーサイト

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moukabutwo.blog86.fc2.com/tb.php/72-20be47ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
当サイト内の記事、内容の無断転載、複製は一切お断りいたします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。