yuta式投資法 投資の本なら誰でも書ける、しかし、投資で勝つのは難しい。教科書には書かれていないこと(書けないこと)お伝えします。覚えておいて損は無い。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ダイバージェンス(逆行現象)  3月12を境に個別銘柄も下落した訳だが、この下げ過程でもテクニカル指数が上昇トレンドとなっていた個別銘柄が散見されます。 勿論日経平均もそうであったことはお伝え済み。


日経平均   窓埋め完了。次は3月12日の17325円突破期待。
終値ベースで抜けたところで2番底確認としたい。
早い話が、為替が円安に振れてネガサハイテクが上がれば直ぐにでも抜ける筈だが。
雲の上限 非常に邪魔な抵抗帯であるが、先ずは御覧頂きたい。休み明けより切り上がっております、期待。
アイランドリバーサル 今度は下に示現したわけだが、窓を埋める必要は全く無い(埋めても良いが)。
出来高 二番底確認からは出来高の回復必要。まあ、先物で上げてもいいが。
三市場残  買残4兆4035億円(+1648億円) 
        売残1兆4942億円(-786億円)



物色対象   大型株というよりは小型の方が活況となっております。
主力と合わせてみると分かりやすいと思います。
主力を含めた強いセクター群の中には、どちらに放れるかのポイントまで押した銘柄多数あり。
丁度、変化日到来の銘柄も有り。反発なら再度上昇、ないしは保ち合い継続、反発しなければ弱い日柄へという流れ(調整継続確定)。
上記のダイバージェンスに関してはセクターの一、二番手を確認すれば直ぐ分かります。



変化日、値幅  ある程度はお伝えしているが、自分で予測して作戦を立てるのも一考。何時頃、いくらになるであろうという予測。
来月にかけては重要変化日目白押しである。昨日の予備計算なども参考に。 行うにあたっては上昇のケースと下げのケース2パターンの予測を立てておくことをお薦めしておきます。


FOMC、経済指標発表など神経質な展開ではあるが、ある程度先を予測しておけば一喜一憂することも無い。
きっと見つかる有益情報 投資ランキング

スポンサーサイト

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/20(火) 22:28 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moukabutwo.blog86.fc2.com/tb.php/65-e43f55ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
当サイト内の記事、内容の無断転載、複製は一切お断りいたします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。