yuta式投資法 投資の本なら誰でも書ける、しかし、投資で勝つのは難しい。教科書には書かれていないこと(書けないこと)お伝えします。覚えておいて損は無い。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

Black Friday 米クリスマス、年末商戦開始。感謝祭(Thanksgiving)の翌日。期間はクリスマスの前日辺りまで。

CMEシカゴ225先物 15000円 大証比+200円

指数と個別の動きは一致せず
 先物の空中戦続く。更に、流動性も良く、時価総額も大きく、外国人比率の高い日本市場は換金売りのターゲットの様相。 これだけの乱高下、目先底入れ近し、ないしは既に入っているか?

 以前、22、23日の、日、米の休場についてに少し触れましたが、そろそろ、第一陣に続き、第2陣、3陣と個別銘柄に底打ち、そして物色の変化も見え出す傾向あり。
お伝えしてある通り、下値の計算値に届いた銘柄多数あり(日柄も含め)。
ダイバージェンスを示現している銘柄も多数あり、今週も引き続き注目してみたいところです。
東証一部上場企業の配当利回りは、長期金利をも超える水準となってきております。
テクニカルはお伝えしてある通りにて、割愛。他PER、PBR、株式益回り、配当利回り、長期金利、イールド・スプレッドなども大体いい水準まで到達しております。
日経平均を含む主な指数はダイバージェンス継続中。

変化日、対等数値
 お伝えしておりました第3週の変化日に続いて、翌週に対等数値の変化日も通過しております。要注目。

ギャップ・アップ
 シカゴCME225先物が大証比200円高で戻ってきていますので、寄り付きはギャップ・アップして始まると思いますが、ここで開けたギャップは全く埋める必要がありません。
ギャップについては何度も触れておりますが、3日も持たない様なら、前回同様、ちょっと注意もしながら。出来高も同時に要注目。


米国市場
 日本市場はそれなりにリバウンド体勢は整いつつあるものの、米国市場頼みか。米国頼みの日本市場だけにその辺は注意しておきたいところです。こちらもそろそろ目先リバウンドがあっても
良い水準には到達しておりますが、リバウンド後に、再度安値を更新する可能性も一応想定しておきたいところです。
目先の底入れであって、大底では無い可能性も残っていると言うことです。

ビジネスマンの必読書『週刊ダイヤモンド』『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネスレビュー』『ダイヤモンド・ザイ』『株データブック』
スポンサーサイト

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/11/25(日) 20:53 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moukabutwo.blog86.fc2.com/tb.php/227-be9b9e6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/11/22(木) 09:50:26 |
当サイト内の記事、内容の無断転載、複製は一切お断りいたします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。