yuta式投資法 投資の本なら誰でも書ける、しかし、投資で勝つのは難しい。教科書には書かれていないこと(書けないこと)お伝えします。覚えておいて損は無い。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

VIX指数 CBOE VOLATILITY INDEX
 恐怖指数。投資家の恐怖心、不安心理度合いを示すとも言われる指数。

ダメ押しが入ったか?
 大分すっきりしたか?窓を開けて下に放れるも、大きく切り返す。出来高はまあまあといったところ。
日経平均は抱き線(包み線、抱きの一本立ちになるかは明日以降注目)。
他指数は 切り込み線以上。
それ程大きな陽線ではないが、陰→陽の抱き線は分岐点となる可能性あり。
買い戻しに加え、新規買いも入るようなら。

テクニカル的には、既に何時でも反発OKとしてありますが、RSI(9日)注目。15日の値を更新してきております(ダイバージェンス)。

リバウンド後に、最終的な底になるかは現状では判断できず
 トレンドが崩れております。暫く相場が安定、ないしは方向がはっきりするまでは、高値は追わず、戻ったところは回転しておきたいところです。抵抗帯も多数あり。
状況次第ではリバウンド後、再度安値を更新することも念頭に置いておきたいところです。
 単なる自立反発で終わるか、日柄を掛けたリバウンドになるか、もう一度、底を確認するかは明日以降注目。目先に関しては日柄も値幅もほぼ出ています。
目先の下値目処は、第一弾は14900円処、抜ければ14500円前後としてあります。

米国市場
 現時点では下げ止まった感は無し。こちらもリバウンドはあれどもう少し下値は考えておきたいところです。 他国市場も同様。

個別銘柄
 買戻しが入っているのは当然のことですが、こちらも抱き線、 切り込み線、たくり足、三陽連、ダイバージェンスなど散見されます。
また、本日の前場にて下値の計算値に到達した銘柄も散見されます(短期)。

私用・メインPCは故障により、ハードディスク交換しましたので、メールアドレスは全て失ってしまっております。コメント頂いてもメルアドが分かりませんので御返事できておりません(バックアップしておりませんでした)。
宜しく御理解願います。
スポンサーサイト

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moukabutwo.blog86.fc2.com/tb.php/226-a697b021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
当サイト内の記事、内容の無断転載、複製は一切お断りいたします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。