yuta式投資法 投資の本なら誰でも書ける、しかし、投資で勝つのは難しい。教科書には書かれていないこと(書けないこと)お伝えします。覚えておいて損は無い。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

CMEシカゴ225先物 15255円円 大証比 -295円円

SQ値15686円 5714DOWA寄らずで引けまで値が算出されず。左記値で合っていると思いますが、一応ご確認を。

日米共にテクニカル的には目先反発も
 複線三空示現、 但し、投げきった感じは受けません。単に窓が開いたという印象。
移動平均乖離率(25日)-6.58%
騰落レシオ72%などなど、テクニカル的には目先は一旦反発もありだが、陰の極という訳でも無い。出来高、売買代金からはクライマックスを終えた感は無い。
評価損率は-12.26%。

CMEシカゴ225先物が 安く戻ってきております、8月17日の安値近辺での攻防となりそうです 。
当然、上記のテクニカルの値を更に割り込みます、寄り付き、ザラ場でのテクニカル注目。サブプライム問題など尾を引く懸念もありますが、目先リバウンド狙いとなる可能性も。出来高、売買代金も注目。

日経平均PERは16倍台、EPSは942円。低PER、低PBR、高配当利回り等々割安でも上がらない時は上がらないのが相場。 割高でも上がるときは上がるのが相場。

目先下値の目処 8月17日の安値を割り込むようなら、14900円処を見ておきたいところです。

SQ~変化日
 目先流れが変わる可能性もあり、引き続き要注目。

最も重要な遅行線
 引き続き要注目。既に逆転をお伝えしておりますが、重要視している方は上手く立ち回れているはずです。

個別銘柄
 指数はともかく、現状、個別は引き続き非常に難しい展開も。
主力処の下げ止まりも同時に監視。目先反発はあれど下値に届いていないであろう銘柄も散見されます(明日辺り到達も)。
また、日柄と値幅を計算してみることをオススメします。引き続き戻れば空売り、ヘッジ売りも有効な展開が続くかもしれませんが、日柄と値幅の計算値が出た銘柄は空売り、ヘッジはせず。
物色対象の方も要注目。

スポンサーサイト

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moukabutwo.blog86.fc2.com/tb.php/223-f4ef2e4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
当サイト内の記事、内容の無断転載、複製は一切お断りいたします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。