yuta式投資法 投資の本なら誰でも書ける、しかし、投資で勝つのは難しい。教科書には書かれていないこと(書けないこと)お伝えします。覚えておいて損は無い。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

黄金分割比率からの次の上値目処は17137円。次の窓は17148円。 

複線三空 
 225先物は複線三空。25日線乖離率は4.84%でやや下降トレンドの75日線到達。

日経平均
 75日線到達。こちらも幾つかのテクニカルが過熱ゾーン入り。
25日線乖離率4.59%
RSI、ストキャなどのオシレーター系はゾーンへ
ボリバン+2σ突破など
他のテクニカルや指標はその限りではありません。何れもスピード調整にて解消されるテクニカルではある。(使用法注意)
騰落レシオなど他はまだ余裕有り。現在93%。今週の削除値からは、中立、中立、上げに作用。
ボリュームは若干増加程度。
NT倍率は10.39倍

ここまで上げてきたセクターは調整気味。銀行、証券などは活況も物色対象が定まった感は無し。先駆した銘柄は調整中。
値上がり率ランキングなどを見ても物色はバラバラ。
新興市場は連日大賑わい。

三市場残  買残は若干減少、売残若干増。個人投資家のマインドは冷え込んだままか?はたまた警戒モード継続中か?先週は底確認の週になった訳であるが、大した変化は見られず。
先週発表分の評価損率から察する限りでは、未だ動けずと言った方が正解か。

オーバーシュート
 テクニカル的に過熱を示唆するものも出ているが、本日時点では調整を示唆するものも無し。ボリュームは少ないもののオーバーシュートも有りの状態。
できれば61.8%戻し処の窓も埋めておきたいところです。
225先物関しては上記にあたる戻りと窓埋め完了。
ヘッジを掛けるならここら辺りが妥当なところであるが、抜ければ一旦撤退となる。

NYダウ、NASDAQ
 NYダウは史上最高値更新、NASDAQは戻り高値更新。
こちらもテクニカル的には目先スピード調整も。

グリーンスパンFRB議長の発言
 「信用市場の混迷が終了を迎えるであろう」「中国株はバブル」など発言。
たまに触れておりますが、アジア、新興国と言われている国のチャートを見るとちょっと恐さはあります。○○ショックは勘弁願いたいところです。
前記に関しては利下げ終了シグナルか?

残りの変化日ついては近々にも
 来週に一箇所と再来週後半辺りからをみております。
スポンサーサイト

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/10/15(月) 09:24 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moukabutwo.blog86.fc2.com/tb.php/212-a32e4ce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
当サイト内の記事、内容の無断転載、複製は一切お断りいたします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。