yuta式投資法 投資の本なら誰でも書ける、しかし、投資で勝つのは難しい。教科書には書かれていないこと(書けないこと)お伝えします。覚えておいて損は無い。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ベアー・スターンズ
 本日、決算発表あり。GSもありますが、サブプライム問題に関してヘッジファンド絡みが特に言われていたのはベアー・スターンズだったと思いますが。
他バーナンキFRB議長の議会証言あり。

米国市場
 NYダウ 全てが過熱ではないが、ボリバンが+2σを突破してきております。
+2σ突破イコール下がるではないのでお間違いなく。
25MA乖離は+4.07%。
NASDAQとS&Pは昨日十字線が示現しております。
日柄、変化日については日経平均と何ら変わりありません。

絶好の買い場論(底は入った、強気派)と まだ、楽観はできず論 (弱き、慎重派)
 多少の乱高下はあれど、底が入っているなら、勿論、絶好の買い場ではある。
出来高が今一つなのも、上記のようになこともあってのことと考えられます。
出来高は株価に先行すると言う格言もありますが、後からついてくることもあり。
現状はフシ抜けにて出来高増が考えられます。

日経平均はプラス引けも、TOPIXはマイナス引けにて値下がり銘柄数の方が多い状態。NT倍率は10.47倍。
本日ミニゴールデンクロス達成。

フシ抜け
 この位置を保っている以上は戻りを先に試すのが普通の流れ、考え方。
テクニカル的にもそれを後押し。失敗なら下値切り上げの三角保ち合い、ないしはボックスも。

上値目処(順調ならば)
 先ずは終値で8月31日の高値更新(これでほぼ確定)、そして終値で9月3日の高値更新にて 底確認。
半値戻しで16779円、これを抜けると同時に先行スパンも上抜けます。
小勢の波動からは、先ずは16924円トライ。
NYダウは既に3分の2戻し達成。日本市場は依然弱し。

評価損率-17.99%  信用倍率(金額)3倍

メルマガメンバー様 大幅高にておめでとうございます。 
スポンサーサイト

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moukabutwo.blog86.fc2.com/tb.php/205-1e6a46c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
当サイト内の記事、内容の無断転載、複製は一切お断りいたします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。