yuta式投資法 投資の本なら誰でも書ける、しかし、投資で勝つのは難しい。教科書には書かれていないこと(書けないこと)お伝えします。覚えておいて損は無い。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

安倍首相退陣にて政局混迷、次期首相候補麻生銘柄賑わうも、目先はSQと金融政策注目か。 14日告示予定 19日投開票予定  21日組閣予定

金融政策決定会合日程   

FOMC開催日と金融政策内容、FF金利と公定歩合について

SQ~FOMCへと、更に米金融機関決算も、そして日本は3連休
 暫くはポジションの取りづらい状況が続きます。
市場のコンセンサス通りの結果となるのか、織り込み済みとなるのか、ネガティヴィサプライズかポジティヴサプライズになるのか分かりません。
FF金利は利下げ無しも想定しておきましょう。公定歩合のパターンもありかも?
0.25%では織り込み済みのネガティヴか?
その過程までの指数の位置がどこにあるかも重要かと考えられます。

 FFレート
利下げ無し ネガティブサプライズにて急落も
0.25%   0.5%で織り込んでいるならネガティヴに反応し急落も
0.5%    織り込んでいるなら材料出尽くしも、もしくは一安心となるか。
それ以上   ポジティヴサプライズは必死も考えづらいところです。
緊急処置  取り敢えずポジティヴに反応。
公定歩合  蓋を開けてみないと分からずといったところ。

指数 米国市場は大幅高も日本市場はいつもの通り。しかも、マイナス引け。
先物主導の展開は明日も継続。
上方の窓ですが安倍首相辞意表明の報道にて埋めたようです(通常良い方に捉えますが、ダマシっぽい感じも)。
テクニカル的には引き続き、何も示唆するものはありません。打診買いシグナルも示現しておりません。
イベントと共に重要ポイント接近中に付き、目が離せない状況となってきました。

お伝えしてある日柄は来週から、そして変化日へと
 指数の通る道によっては、もう一発も十分あることは想定して売買した方が良いと思います(遅行線は必ず見ておいてと下さいということです)。
通る道によっては暫く調整が長引く、上値が低くなるなどが想定されます。
ただ、上記のもう一発起こるならば、それにより底入れも当然考えられますが。

スポンサーサイト

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moukabutwo.blog86.fc2.com/tb.php/200-c6403085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
当サイト内の記事、内容の無断転載、複製は一切お断りいたします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。