yuta式投資法 投資の本なら誰でも書ける、しかし、投資で勝つのは難しい。教科書には書かれていないこと(書けないこと)お伝えします。覚えておいて損は無い。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

底未確認にて戻りは鈍し、買い手も不在
 米国市場堅調も日本市場は相変わらず。先物プレイヤーは跳梁跋扈。
どういう形で底が入るのか分かりませんが、どこを底確認とするかによっては相当な時間の差が生じます。下記参考に(日柄、時間を見て頂きたい)。

06年6月のサンプル(底入れは6月14日) 
 1・反転したポイントで買う 7月20日辺り
 2・先に付けた高値を抜いて最終確認してから買う(直近安値を割り込まずに、直近高値を抜いた時点)8月14日

本日2番底探りへ向かったのか?
 重要ポイントを抜け切れずに下へ大きく下げたことにより、その可能性はあるものの、本日だけでは判断できず。29日の安値を終値ベースで割り込むようならそう考えても良いのでは。

重要イベント継続
 重要イベント引き続き継続します。結果内容次第では乱高下も念頭に。先ずはECB理事会。各イベント、指標発表などについては、現状では織り込んでいるのか、市場がどう反応するのかは非常に読みづらいところです。

NASDAQ 小勢トリプルボトム完成も、NYダウ、NASDAQ 共に変化日に差し掛かってきております。また、中国市場の方が大きく上昇してきております、急落局面は先物の仕掛けの切欠になることも想定しておきたいところです。

評価損率-13.77% 信用倍率(金額)3.27倍
 結局は売り方も返済しており特に面白みはありません。

スポンサーサイト

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moukabutwo.blog86.fc2.com/tb.php/195-3e5193c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
当サイト内の記事、内容の無断転載、複製は一切お断りいたします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。