yuta式投資法 投資の本なら誰でも書ける、しかし、投資で勝つのは難しい。教科書には書かれていないこと(書けないこと)お伝えします。覚えておいて損は無い。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

投資主体別売買動向
 今回はマチマチです。外国人は久々に買越しですが微々たるものです。
中でも自社株買いと思われる買いが目立ちます。株価下落の防波堤になってくれると良いのですが。現局面では資金が少なく済むこと、レシオの向上、買収防衛など発行会社のメリットも大きいと考えられます。
また、企業価値に比べ、株価が売られ過ぎというアナウンス効果も実際あるとか。
キャッシュリッチ企業は要注目か。

日経平均 NYダウ大幅高、シカゴ225先物も大幅高で戻ってくるも、買い不在の閑散相場、理由についてはいろいろ言われているようではあるが。
アク抜け、市場心理の好転は何時なのかといったところです。
予備計算等からのテクニカル的 な注目は、9月の18日頃からの指数の位置ということになるかと考えております。
現在の指数の位置ですが、中途半端過ぎて何とも言えない位置です。
自律反発の範疇ならばこんなところかと言った感じですが、小勢戻りの中にいるならば、タイミングをみてもう少し上値があってもいい感じはするが?
その方がはっきりと2番底探りへ向かったと言えるのですが(底が確定するまでは抜けてしまうことも想定はしておきましょう、一応)。
本日、テクニカル的なものは特にありません。

米国市場三連休
 週末は経済指標発表、米FRBバーナンキ議長講演(23:00)などがあること、そして米国市場三連休ということで日本市場は引き続き様子見か?
スポンサーサイト

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/08/31(金) 10:30 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moukabutwo.blog86.fc2.com/tb.php/192-597fdf2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
当サイト内の記事、内容の無断転載、複製は一切お断りいたします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。