yuta式投資法 投資の本なら誰でも書ける、しかし、投資で勝つのは難しい。教科書には書かれていないこと(書けないこと)お伝えします。覚えておいて損は無い。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

米国市場 大きく乱高下しております。お伝えしておいた節目を終値ベースで割り込んでしまいましたので、次の下値目処までは見ておきたいところですが、目先は12900ドル割れ辺りからオーバーシュートの範疇に入ってきます。

グローベックス  こちらはザラバ中に安くなっておりましたが、それ程当てになるものでもありませんので目安程度に。今晩の米国安を、既に織り込んでしまっていることもよくあることです(直近でもあり)。
CME Globex
は左のサイドバーにあります。


大陰線 一番期待していた足ですが、ほぼ、陰の丸坊主となりました。
教科書では一番弱い足となっております。こういうケースでは、いつも通り逆手にとって行きます。
出来高もまあまあか?投げきっていれば。
通常は大弱気の足ですが、やっと示現してくれたので続く足は要確認。
数日確認しますが要注目。過去3日間の様な、中途半端な形にならないでもらいたいところです。はらむか、捨て子か、切り込みか?

評価損率-9.81% 信用倍率3.4倍 評価損率ですが更に低下していると思われます。そろそろ良い水準に入ってきていると思われます。
ただ、これ以上下がるようだと追証のかかる水準となり、需給面での問題が生じます。投げきるまでは反発しないということになります。
追証の投げは強制的なものであり、買い下がりOK。
投げ終われば当然反発する。目先一回転のチャンス。

テクニカル リスクを取れる方は、再度一回転のタイミングを計りたい。
225先物に限っては25日線乖離率が-6.32%。日経平均で-5.9%。全てのテクニカルや指標が陰の極ではありませんが、上記のようにテクニカルによってはかなりの数値が出ております。
本日は他テクニカルは割愛します、上記の値で十分かと思います。
後は米国市場、為替の落ち着き、需給。
日経平均の次の節目は3月の安値です。
大混乱でも起こらない限りは、テクニカルが通用しなくなるような局面は大注目。
別館では今期増額修正銘柄ピックアップ!

スポンサーサイト

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moukabutwo.blog86.fc2.com/tb.php/168-5ba1597d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
当サイト内の記事、内容の無断転載、複製は一切お断りいたします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。