yuta式投資法 投資の本なら誰でも書ける、しかし、投資で勝つのは難しい。教科書には書かれていないこと(書けないこと)お伝えします。覚えておいて損は無い。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking



  • 2006年6月14日からの上昇トレンド、2006年暴落時、2005年ミニバブル時の日柄です。下記の日柄は実際に私がカウントをしているものとは異なるものも有ります。単純に高値と安値をカウントしたものです。例えば直近06年11月の指数の安値は27日だが、私は21日からカウントしております。バラバラの日柄に見えるかも知れませんが実際のカウントではかなり有効な日柄が示現していると考えられます。常々申し上げておりますが時間に関しては非常に重要と考えております。例えばあなたが買った銘柄、○日間保有していていいんです。買いたい銘柄があったら何時買えばいいのかわかるのですから。値幅と日柄が一致すれば完璧です。



  • 上昇。15日、35日(26日)、22日。



  • 下降。10,16,23。



  • 安値から安値(上げ下げ)。24,50,44。



  • 高値から高値(下げ上げ)。44,37。



  • 現在。安値から25日目だが、私のカウントは28日目。高値からは47日目。



  • 06年5月の暴落。28。4月からカウントなら46。この中に小勢の日柄が存在する。



  • 05年の8月から12月の誰でも勝てたミニバブル。上昇41,37。調整12。



  • 実際の例。上記のミニバブルの調整12日で行ってみる。高値から安値は12日だが調整完了のカウントは17、または21日前後でカウントする。これでドンピシャでハマル。



  • 今月の変化日。先ずはSQ週、その次は第4週になるかと思います。詳細は順次お伝えします。繰り返しますが上記の日柄は飽くまで高値と安値をカウントしたものです。実際のカウントとは若干異なります。


スポンサーサイト

投資日記ステーション 投資ブログランキング

FC2 Blog Ranking

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moukabutwo.blog86.fc2.com/tb.php/1-cea6d5fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
当サイト内の記事、内容の無断転載、複製は一切お断りいたします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。